備えあれば憂いなしですが…

旅行の準備をしていたら、バッグやケースに荷物が納まりきらずイライラしてしまったり、旅行先でお土産を買っていたら、あっという間に荷物が増えて帰りにしんどい思いをすることってありますよね。大きなスーツケースをひいて歩くとき、他の歩行者の動きに気を遣っていたら疲れちゃいますよね。人混みの中や移動の多い旅行では、大荷物だと尚更苦労することになります。実際、旅行の準備をしているときは荷造りに集中して忘れがちになってしまいますが、荷物を出来るだけミニマムにすることで、移動が楽になって余計な気遣いをすることもなく、ゆとりをもって過ごすことができます。不要な荷物とはおさらばして、身軽で快適な旅行を実現しましょう。

荷物の区別で劇的な変化が!

荷造りをしたとき、最もスペースをとるのが衣服です。日程にあわせた数の服を持っておきたい気持ちも分かりますが、足りないと思うくらいの着替えを持てば問題なかったりします。最悪足りない場合には、現地で調達すればいいでしょう。また消耗品についても、よほど気に入っているものでなければ、旅行先で買ってしまえばいいと思います。消耗品なんかはご当地品があったりして、慣行先で買えばより一層旅行を楽しめていいかもしれないですね。観光ガイドや読書のための本を持っていきたい人には、データ化することをおすすめします。データ化してしまえば本で荷物を圧迫することもなくなりますし、紙で確認したいときには、印刷すれば問題なかったりします。これらを実践するだけで、旅行の荷物が劇的に少なくなって、移動時間すら楽しさを感じる余裕ができちゃいますよ!