レストランでのお金の払い方

日本と海外旅行先のレストランではお金の払い方に違いがあります。慣れないうちは戸惑うことがあるかもしれませんが、一回経験すると要領が掴めるはずです。 日本のレストランでのお支払は、カウンターにお勘定を持って行って精算するか、サーバーがお勘定を持って来てくれて席で支払うかのパターンです。日本は現金払いが一般的で、大きな金額になったときだけクレジットカードを使います。 一方、海外のレストランでは席でお金を払い、食事をした後にカウンターに行って払うことはほとんどありません。食事が終わりそうなタイミングにサーバーの人がお勘定を席に置いてくれます。支払い方法はクレジットカード払いが一般的です。どんなに少額でもクレジットカード払いでOKです。

レシートの署名の書き方

レストランでチップを払うというのは聞いたことがあっても、実際にどうやって払うかどうかイメージが付かないかもしれません。簡単なので抑えておきましょう。 海外のレストランで食事をし終わった後、サーバーの人が持ってきてくれるレシートにはオーダーしたメニューの合計金額が書かれています。このレシートを使って、チップを払います。 レシートの合計金額の下にチップの額を書く欄がありますので、適度な金額を計算して記入します。さらにその下に、チップを合わせた金額を書く欄がもう1つあります。メニューの金額にチップの額を足した数字を書きます。この額がクレジットカード会社に請求されます。そして最後に、自分の名前の署名をして終わりです。